• ホーム
  • 避妊に失敗してしまったら?モーニングアフターピルで緊急対処

避妊に失敗してしまったら?モーニングアフターピルで緊急対処

ピルにはエストロゲンの量によって高用量から超低用量まであり、主に使われているのが低用量ピルです。低用量ピルは避妊効果が高く、種類によっては99%を超えるものもあります。効果を得るには毎日同じ時間に1日1回1錠を服用することが大切であり、1回の飲み忘れであれば効果は維持できますが、飲み忘れてしまうと避妊効果は大変低くなってしまいます。中用量ピルは、避妊よりも子宮や卵巣に関する病気の治療、一時的な生理日の変更に使用されており、使い方は病気の種類や症状に応じて変わります。

このような使い方をするもののほかに、緊急的に使用するモーニングアフターピルと呼ばれるものがあります。モーニングアフターピルは緊急避妊薬とも言われており、避妊に失敗してしまった、パートナーが避妊をしてくれなかった、性被害にあってしまったなどの場合に緊急的に使用するものです。低用量ピルのような使い方はせず、性交後にできるだけ早くに服用しなくてはなりません。

緊急避妊法には昔から行われているヤッペ法と、日本で承認されたノルレボ法があります。ヤッペ法のアフターピルには中用量ピルのプラノバールを使用し、ノルレボ法では黄体ホルモンのレボノルゲストレルが含まれたノルレボ錠を服用します。ヤッペ法では性交後72時間以内に2錠、その12時間後に2錠の合計4錠を服用し、ノルレボ法では性交後72時間以内に1錠を服用するようになっています。効果はノルレボ法の方が高いのですが、薬剤自体も2倍から3倍ほどの価格差があります。そしてアフターピルは市販されていないので、処方してもらうには医療機関を受診しなくてはなりませんし、保険も適用とならないので医療機関によって価格に差があります。

また特にヤッペ法の場合嘔吐してしまうことが多く、薬が体に浸透する2時間以内に吐いてしまうと再び服用をしなくてはならず、この場合ももう一度医療機関を受診しなくてはなりません。どちらの薬も服用から2時間から3時間ほどで効果が出てくるので、静かに過ごして薬を吐かないようにする必要があります。

モーニングアフターピルは服用をすると、排卵を遅らせて子宮内膜を着床に適さない状態にしてしまいます。すでに受精してしまっていても、受精卵が子宮に到達するまでに内膜を変化させてしまうので、着床は行われません。WHOが行った比較試験ではヤッペ法の妊娠阻止率は57%、ノルレボ法では85%となりました。12時間以内に服用をするとさらに阻止率は高くなるので、できるだけ早くに服用することが大切です。