• ホーム
  • 喫煙習慣がある人は気をつけて!ピルを服用すると血栓症になりやすい

喫煙習慣がある人は気をつけて!ピルを服用すると血栓症になりやすい

考えている女性

ピルは様々な効果や副効用があり、女性の生活を豊かにするきっかけを作る薬です。特に低用量のものは今までのものと違い、卵胞ホルモンの量が少なくなっているので副作用が起きにくく、正しく服用をすることで効果を十分に引き出すことができます。

注意すべき副作用として血栓症があげられます。血栓症は血管がつまってしまう病気であり、血管内に血液のかたまりができ、それがはがれて違う部分でつまってしまいます。つまる場所によっては命に影響が及ぶことがあり、注意しなくてはならない病気です。この血栓症はピルを服用しているすべての人に起こるのではないのですが、服用していない人と比べた場合、服用している方が1.5倍から2倍ほど静脈の血栓リスクが高まっていることがわかっています。このようなリスクが高まるのは経口避妊薬に含まれているエストロゲンに、血液をかためる作用があることも一つの要因です。またリスクが高まる要因として喫煙であることも判明しています。

たばこは有害物質が含まれていることで知られていますが、代表的な有害物質としてニコチンと一酸化炭素があります。ニコチンには血管を収縮させる作用があり、一酸化炭素には血液中の酸素を奪ってしまうので、体を酸欠状態にしてしまいます。このようなことからガイドラインが定められており35歳以上で1日15本以上喫煙をしている人は、低用量ピルを服用することはできません。たとえ15本以下であっても吸わない方がよく、たばこを吸っている人にはできるだけピルを服用しないように記されています。確率的に、10万人の女性が1年間に亡くなってしまうリスクは、低用量ピルを服用し喫煙をしていない人を1と考えると、喫煙をしてなおかつ低用量ピルを服用している人は167と高い数値になります。

またニコチンの血管の収縮作用によって心筋梗塞や脳梗塞のリスクも高まることもわかっており、たばこを吸っていない女性と比べると脳梗塞では3倍、脳出血のリスクも3倍上昇するということが報告されています。

このようなことから特に35歳以上で喫煙をし、なおかつ低用量ピルを服用している人は血栓症や心筋梗塞、脳梗塞などのリスクが高まるので、喫煙をしている間は服用をしない方が望ましく、たとえ年齢に達していなくても喫煙は体に与える影響が大きいため、リスクを回避するためにも喫煙をやめてから低用量ピルを服用する方が良いです。喫煙は習慣づいていることが多いので、体の調子を整えてからピルの服用を検討するようにします。