• ホーム
  • 副作用が少ないと太鼓判を押されているロエッテは通販で購入

副作用が少ないと太鼓判を押されているロエッテは通販で購入

葉の上にあるカプセル

ロエッテはトリキュラーなどほかの低用量ピルに比べると卵胞ホルモンの量が3分の2程度に抑えられており、体への負担が少ない薬として知られています。低用量ピルで最も使用されているトリキュラーと全く同じ成分が含まれているので、避妊効果や月経困難症、月経前症候群などの改善効果が高く、副作用をおさえつつ効果を維持した薬になります。

ロエッテの副作用には吐き気や頭痛、腰痛や体重増加、ニキビや乳房の張りなどがあげられますが、この中で吐き気と乳房の張りは服用したばかりに起こりやすく、服用をし続けることで徐々に症状は消失していきます。ニキビや体重増加は黄体ホルモンのレボノルゲストレルの影響が関係していますが、ロエッテの場合同じ成分が含まれている第2世代低用量ピルに比べると、症状が現れる確率は低いです。

体の負担を軽減したロエッテは、長期的に服用する場合に適しています。ロエッテを購入する場合は個人輸入を使用すると便利であり、個人輸入は代行して行っている通販サイトを利用するとさらに簡単に購入することができます。個人輸入の代行通販サイトの場合、薬の検索がしやすくなっており、さらに薬についての情報が細かく記載されています。医療機関のように受診する必要もないので、時間を気にすることなく注文をすることができますが、時間内であれば電話でも注文できる通販サイトもあります。

さらに通販での購入は、ロエッテをある程度まとめて購入でき、さらに多く購入した方が1シートの価格をよりおさえることができます。注文や決済は個人輸入を代行している通販サイトで行っていますが、発送は海外の業者から直接送られてくるので1週間から10日ほど時間を要することが多いです。シートが終わったら休薬期間後には新しいシートの服用を開始しなくてはならないので、終わる少し前に注文するのがポイントです。

また、個人輸入を代行している通販サイトは数多く存在しており、どのサイトも個別に薬の成分鑑定を行ったり、正式なルートで海外企業とやりとりをしたりしているので、薬の品質も確かなものですが、まれに正式なルートでのやりとりでないサイトも存在します。ロエッテのような低用量ピルは避妊目的で使用することもあり、品質がしっかりしていないと服用しても効果を得ることができません。個人輸入は自己責任となるので、サイトをしっかりと確認しあまりにもロエッテの価格が低い場合は、購入してよいかを検討するようにします。